保険見直しのポイント

見直しで保険料を抑え、必要な補償を確保するには

保険は目に見えない商品。
補償内容も全て紙の契約書(保険証券)
で決まってきます。

「何の保険に入っていたっけ・・・?」
「知人に勧められたので保険加入したけど、その内容は??」

保険に多くの支出をしているが、本当に必要なのか分からないままに保険料を払うことほど、
無駄に感じるのはもちろん言うまでもないですよね。

見直したい!と思うことが多い5つのきっかけ

加入している保険に不満がある

保険料が上がった
事故で保険金が少なかった
保険金が出なかった

加入している保険に不満がある

保険代理店の対応に不満がある

担当の対応が遅い
工事保険に詳しくない
説明が不十分でもめた

保険代理店の対応に不満がある

経営の状況が
変わった

新入社員が増えた
法人成りした
下請など外注が増えた

経営の状況が変わった

元請や取引先からの指示があった

条件を満たした保険でないと
入場できないと言われた
請負条件で保険を指定された

元請や取引先からの指示があった

同業他社の動向で見直しを検討した

同業の社長からこの保険がいいと聞いたから
同業他社が事故を起こした

同業他社の動向で見直しを検討した

きっかけはそれぞれ。
貴重な時間を使って考えるなら補償も保険料も自分の会社状況にあった保険に加入したいですよね。
ここからは、見直しで押さえておきたいポイントを説明させてください。

見直しにはポイントを押さえたやり方があります。

保険見直し「3つ」のポイント!

保険料削減イメージ
※診断サービスは無料で実施しております。
※上図は保険料の推移を示すものではありません。
※保険料が削減できない場合もあります。

さらに押さえておきたい重要ポイントがこちらです。
  • 取引先との条件を満たした内容になっているか?
  • 証券に記載の仕事内容に変化はないか?
  • 「お支払いできない場合」を把握できているか?

保険自体が複雑な商品なので、保険料にとらわれて検討すべきポイントが抜けてしまうことがありますのでご注意ください。
もちろん弊社では建設業向け保険専任のスペシャリストと一緒に保険の内容がどうなっているのか
お客様と一緒に確認してもらう作業をしております。
確認作業を依頼される際には以下の書類・情報をご用意ください。

事前にこの書類・情報を用意するとスムーズです。

以下の書類と情報をご用意していただくことで、スムーズに確認作業をしていただけます。

書類(イメージ)

  • 現在加入している保険商品の証券写し
  • 現在加入している保険商品の更新お見積書
  • 直近の損益計算書写し
  • 現在のお仕事内容について

さらに、お仕事状況や安全管理状況で適切な割引が適用できる可能性があります。

本当に必要な補償を、経済的な保険料で

保険料が大きく下がっても、必要な補償がなければ時間とお金の無駄になります。
保険の見直しによって本当に必要な補償がどれか、経済的な保険料になるかテストしてみてください。
一緒に確認作業をするので必要な補償や保険料がどうなるのか見えてくるはずです。
もちろん見直しの確認作業は無料ですし、弊社で加入されるかどうかもお選びいただけます。
今すぐ見直しを試してみたい方はこちらをクリックしてください。

ページトップ

取扱保険会社
AIG損保
三井住友海上
メットライフ生命
エヌエヌ生命
大同生命
地域に密着した”顔”の見えるご提案
東京・横浜・川崎・千葉・埼玉対応
0120-156-136
営業時間 平日9時~19時(土・日・祝除く)

このホームページの情報は、当該商品のパンフレットの付属資料としてご覧いただくものです。
ご検討にあたっては、必ず当該代理店より説明を受け当該商品のパンフレットをあわせてご覧ください。
弊社の損害保険募集人は、保険契約の締結の代理権を有しています。
生命保険募集人はお客様と生命保険会社の保険契約締結の媒介を行う者で、
保険契約締結の代理権はありません。
また、ご契約に際しては、事前に、重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)を必ずご覧ください。
承認番号:AIG18G07460

  • 建設職人甲子園
  • イカリエージェンシー オフィシャル

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を禁じます。

CopyrightAll Rights Reserved.